お焼香のお作法 | 博善グループ
博善グループ

お焼香のお作法

 

【お焼香とは】

焼香とは、仏教において香を焚いて拝むことです。

ご葬儀やご法要の際に、細かく砕いた香(抹香)を、香炉にくべて焚きます。

心身の穢れを取り除き、清浄な状態になってから、

仏様や故人様に向き合うという意味が込められています。

心身の穢れを落としたところで、

仏様・故人様に抹香の香りをささげて、ご冥福をお祈りします。

焼香は極楽浄土の“良い香り”を表現し、

その香りが広がることは、仏教の教えが広がることを意味しています。

香がいずれ灰になってしまうことを、人の生き死にに喩え、仏の悟りを教えてくれ、

また、仏の慈悲を讃えるためのものとも言われています。

 

【お焼香の仕方】

①ご遺族に一礼し、祭壇の前に進みます。

②祭壇・遺影に一礼(もしくは合掌)します。

③数珠は左手に掛け、右手の親指・人差し指・中指で抹香をつまみ、香炉にくべます。

(宗派ごとに捧げ方や回数が異なります。)

④改めて遺影に向かい合掌し、一礼します。

⑤2、3歩そのまま下がり、ご遺族に一礼します。

 

【宗派ごとの違い】

お焼香の際、抹香をくべる回数や、

抹香を目の高さぐらいまで持ち上げる(おしいただく)か、またその回数は、

宗派ごとによって異なります。

宗派ごとの焼香回数(一例です)

1回という宗派は「一に帰る」という教えを大切にしており、

2回行う宗派は、1回目(主香)は故人様の成仏を願い、

2回目(従香)は香を絶やさないためという思いをこめます。

仏教では「3」という数字が重視されていることから、3回行う宗派もあります。

 

【お数珠の掛け方】

「法を念ずる時に用いる珠」という意味から「念珠」とも呼ばれています。

数珠は、念仏を数えるためと、人間が持つ108個の煩悩を打ち消すために持つと言われ、

持つ方のお守りの役割もある仏具のため、貸し借りはしないのがマナーです。

右手は清浄なる手、左手は不浄の手、という考え方があるため、

右手でお焼香を行い、数珠は左手に持ちます。

座られている場合など、左手首にかけてもかまいません。

 

数珠には、宗派ごとの決まった形の正式な「本式数珠」と、

宗派にこだわりなく使える「略式数珠(片手数珠)」があります。

ご葬儀やご法事には略式数珠をご持参いただく方がほとんどで、こちらで十分お使いいただけます。

 

下記は全て略式数珠にてご説明させていただいています。(一例です。)

 

「浄土真宗 本願寺派・真宗大谷派」

合掌した両手に輪をかけます。

 

「浄土宗」

合掌した両手の親指にかけます。

 

「曹洞宗・真言宗・天台宗・臨済宗・日蓮宗」

輪を左手にかけ、右手は添えるように合わせます。

 

お焼香は、お相手の宗派に沿って行うのがより丁寧ではありますが、

ご自身のご宗旨に沿っていただいても問題ありません。

仏様に礼拝し、故人様を想い、真心を込めて行うことが、いちばん大切です。

 

 

不安事やお悩み事の解消に、

ご相談はいつでも承っております。

お気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。

*新型コロナ対策推進宣言はこちら

*喪中はがきについてはこちら

*花の種ギフトはこちら

*信州の秋のご返礼品はこちら

*香典袋の準備の仕方はこちら

*博善社の「オーダーメイド葬」はこちら

*博善社のお見送りはこちら

*ハクゼンホール以外でのお手伝いについてはこちら

*仏式以外のお手伝いについてはこちら

*ご供物のご返礼はこちら

*四十九日忌のご準備はこちら

*秋の入会キャンペーンはこちら

*新盆の営み方はこちら

 

#焼香の仕方 #数珠の掛け方 #宗派別 #家族葬 #葬儀 #オーダーメイド葬 #その人らしいお見送り #博善社 #ハクゼンホール

 

 

 

 

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ