家族葬について考える~第2回「メリットとデメリット」(全4回) | 博善グループ
博善グループ

メリットとデメリット ~家族葬について考える・第2回(全4回)

 

「家族葬」という言葉も全国的に定着してきており、

「万が一の際は、家族葬を行いたいのですが、どうすればよいのでしょうか」

といったご相談をお受けすることも多くなってきました。

 

そこで全4回に分けて、博善社の考える家族葬について、

ご案内をしています。

 

第2回目の本日は「一般葬と家族葬のメリット・デメリット」についてです。

(第1回「葬儀の種類と違い」はこちらから。)

 

「一般葬」と「家族葬」。では、どう選べはいいの?

 

「一般葬」と「家族葬」の大きな違いは、

お知らせをする範囲が「広い」か「狭い」かです。

それによって起きる影響はどういったものでしょうか。

メリット・デメリットに分けて考えてみます。

 

 

一般葬の場合

新聞のおくやみ欄に掲載し、広くお知らせをすることで、

ご家族は知らなかった、故人様とお付き合いのあった方にも訃報が届きます。

【メリット】

その方にお会いできることで、ご家族の知らなかった、故人様のお人柄に触れることもあるかもしれません。

ご関係のあった皆様に、ご葬儀へご会葬にきていただける可能性が高いので、

ご葬儀の後に、ご自宅へお参りに来られる方は少なくなります。

【デメリット】

その反面、普段お付き合いをしていない方々が多くお越しになった際には、

接待等で気を遣わなければならない場面も増えてきます。

 

 

家族葬の場合

広くお知らせをせず、限られた方へのみお知らせした場合は、

【メリット】

気心の知れた方々がお集りになりますので、お気遣いの負担は軽減されると思います。

そして故人様とのお別れ、最後のひとときを過ごされることに時間を費やすことができます。

【デメリット】

しかし、広くお知らせをしなかったために、時間が経ち、少しずつ周囲に訃報が伝わっていった結果、

その都度、自宅へお参りにお越しになる方がいらっしゃる可能性があり、

「気が休まらない」ということがあったり、

本来知らせなければならなかった方に訃報が伝わらず、

「なぜ知らせてくれなかったのか」といったトラブルになる可能性も含んでいます。

 

 

次回は「一般葬」と「家族葬」の費用について考えてみたいと思います。

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。ZOOMでのご相談も可能です。

*家族葬について考える…

「第1回“葬儀の種類と違い”」

「第3回“費用と選ばれる背景”」

「最終回“家族葬を行うために必要なこと”」

*家族葬ホール「ひだまり」はこちらから

博善社の「オーダーメイド葬」はこちらから

*博善社のお見送りはこちらから

*お持帰り専用お料理はこちらから

*ご供物のご返礼はこちちから

*四十九日忌のご準備はこちらから

*7/18(土)に終活フェアを開催しました。

 

 

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ