お彼岸について・第1回(全3回) | 博善グループ
博善グループ

お彼岸について・第1回(全3回)

 

来月には春のお彼岸を迎えます。

春のお彼岸は春分の日を中日にして、前後3日を含めた全7日間を指します。

(秋のお彼岸は秋分の日を中日にして、前後3日を含めた全7日間を指します。)

2021年の春分の日は3月20日ですので、

春のお彼岸は3月17日(水)~23日(火)になります。

 

そこで、全3回に分けてお彼岸についてご案内をしていきたいと思います。

 

 

そもそも「お彼岸(おひがん)」って?

 

「お彼岸」とは「到彼岸(とうひがん)」という意味で、

煩悩や迷いのある世界から悟りの開けた世界へ至ること、

また至るために修行をすることを指します。

 

語源はサンスクリット語の「波羅蜜多(パーラミタ、はらみった)」で、

「波羅蜜多」とは、仏教用語で「彼岸(パーラ)」「至る(イタ)」の2つの意味を持つ言葉です。

 

仏教では、私たちのいるこの現世の世界を「此岸(しがん)」と呼び、

それに対して、現世の煩悩から抜け出した悟りの境地である涅槃(ねはん)・

仏様のいるあの世の世界を「彼岸(ひがん)」と呼びます。

 

此岸とは「こちら側の岸」、彼岸とは「あちら側の岸」という意味で、

この間には川が流れています。

この川が、生と死の世界を隔てる「三途の川(さんずのかわ)」です。

 

仏教においては、川とは、生と死を分けるだけでなく、

煩悩と悟り、俗世と来世を分けるものとされています。

そのため、お彼岸という言葉には、数々の煩悩に打ち勝ち、

悟りの境地に達することができるように、仏道の修行を行う期間という意味があるのです。

 

お彼岸には「六波羅蜜(ろくはらみつ)」という6つの項目に分かれた修行を行います。

お彼岸の中日である春分の日と秋分の日は祖先を偲び、

それ以外の6日はこの六波羅蜜を1つずつ修行していくので、お彼岸は7日間あります。

 

お彼岸と「西」の関係

 

普段から仏道の修行を行っていない人も、

お彼岸の期間は、煩悩を払うために西に沈む太陽に向かって拝んでいました。

古代の中国では、西の方角に極楽浄土があるとされていたからです。

春分の日・秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西へと沈みます。

この沈む太陽(真西)に拝むことが、極楽浄土に拝むことになると言われており、

また、この世(此岸)とあの世(彼岸)が最も通じやすい日と考えられ、

故人を偲ぶ日、来世を偲ぶ日としても捉えられるようになりました。

 

 

**********

 

次回は、現代の私たちのお彼岸の迎え方や、

「ぼたもち」と「おはぎ」の違いなどについて、ご案内致します。

こちらからご覧いただけます

*最終回は、お墓のお掃除代行サービスについてです。

*お彼岸のお料理についてはこちらでご案内しています。

 

**********

 

お彼岸のご準備はもちろん、

いつでもどのようなことでも

お気兼ねなくご相談ください。

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。ZOOMでのご相談も可能です。

*花言葉に合わせたご供花はこちらから

*お焼香のお作法はこちらから

*お位牌、仏具・お仏壇についてはこちらから

*四十九日忌についてはこちらから

*弔い上げについてはこちらから

*「旅支度」についてはこちらから

*納骨についてはこちらから

 

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ