お焼香とお線香は何が違うの? | 博善グループ
博善グループ

お焼香とお線香は何が違うの?

 

お焼香(しょうこう)とは、ご葬儀やご法要などで、

抹香(まっこう)といってシキミの葉や皮を粉末にしたお香を、

香炉へくべて焚くことを言います。

 

これは「供香(ぐこう)」と言って、香りをお供えするということです。

 

 

*お焼香のお作法や宗派ごとの違いはこちらで詳しくご案内しています。

 

お線香をあげることも、お焼香と意味合いは変わりません。

日常的にはお線香を使い、ご葬儀やご法要の時には抹香を使うというのが一般的ですが、

お線香の方が火の付きがよく長持ちするという違いだけで、

日常でも抹香を使用しても問題はありません。

 

 

*お仏壇のお参りのお作法はこちらで詳しくご案内しています。

 

香りをお供えする意味

 

香を焚くということは、

まず、自身の心身の穢れを取り除き、清浄な状態になってから、

仏様や故人様に向き合うという意味が込められています。

清浄な心身になってから、仏様や故人様に香の香りをささげ、冥福をお祈りするのです。

 

仏教では、極楽浄土は良い香りに満ちていると言われており、

極楽浄土から仏様が故人様を迎えに来るときには、

香りを持ち運んでくるとされていて、

その状況を再現するために、ご葬儀では抹香の良い香りを漂わせます。

 

 

また香りがその空間にまんべんなく広がることは、

分け隔てなく平等に人々を救うという、

仏様の広大なお慈悲の心を表しているとされています。

 

さらに、良い香りを通して仏様とお話ができる、故人様とつながることができるとも言われ、

香の香りは故人様にとっての食べ物であるとも考えられています。

良い香りをお供えするということも、ご供養になるのです。

 

 

 

**********

いつでもどのようなことでも

お気兼ねなくご相談ください

 

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。ZOOMでのご相談も可能です。

*新盆の営み方はこちらから

*水引の色と結び方はこちらから

*香典袋の準備の仕方はこちらから

*仏教と神道の違いについて…

前編・信仰対象や目的」「後編・聖職者や建物、参拝方法

*弔電、お供物のご注文はこちらから

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ