「阿弥陀如来」とは | 博善グループ
博善グループ

「阿弥陀如来」とは

 

阿弥陀如来(あみだにょらい)とは、仏教において、修行をして悟りを開いた仏様で、

浄土宗・浄土真宗・天台宗のご本尊(信仰対象物)となっています。

四十八願(しじゅうはちがん)という48個の誓いを立て、その中には、

「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と唱えたあらゆる人々を

必ず極楽浄土へ導くとする誓いがあります。

 

*ご本尊について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

「他力本願」の意味

 

どんな人でも「南無阿弥陀仏」と唱えることで、

極楽浄土へ往生できる、という教えを「他力本願(たりきほんがん)」と言います。

 

「他力本願」とは、自分の力によらず、仏様の力によって救われるということで、

親鸞(しんらん・浄土真宗の宗祖)によって広められた仏教語です。

 

「他力」は阿弥陀如来の力の意味で、

「本願」とは、阿弥陀如来が命ある全てのものを

極楽浄土へ往生させるという誓願を意味します。

 

阿弥陀如来の「本願力」を「他力」として、

念仏を唱えることで極楽浄土へ往生することを願うことを「他力本願」というのです。

 

自らが修行などを行い、その功徳(くどく・よい行いのこと)があって

初めて悟りを得るという「自力」の考え方に対して、

阿弥陀如来の本願で救済されるというのが、他力本願の考えです。      

 

 

民衆を救った「阿弥陀如来」

 

この「他力本願」は、特別な修行をした者だけが成仏できるとされていた仏教に

新しい概念をもたらし、

鎌倉時代初期から、武士や農民を中心に圧倒的な支持を受け広がっていきました。

 

阿弥陀如来の四十八願の、

18番目が「念仏を唱えたあらゆる人々を必ず極楽浄土へ導く」という誓いだったことから

その人が最も得意とすることを「十八番(おはこ)」と言うのもここに由来すると言われます。

また、「あみだくじ」も、その昔は、放射線状に線が引かれており、

その線が、阿弥陀如来の後光に似ていたことから、「阿弥陀の光」と呼ばれていたものが、

「あみだくじ」という名前に変わったと言われており、

阿弥陀如来や他力本願の考えが、より身近なものだったことがうかがえます。

 

 

 

 

**********

いつでもどのようなことでも

お気兼ねなくご相談ください。

 

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。ZOOMでのご相談も可能です。

*喪中はがきについてはこちらから

*12月19日(日)と25(土) 開催 家族葬事前相談会はこちらから

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ