海外のご葬儀 | 博善グループ
博善グループ

海外のご葬儀

 

日本のご葬儀の場合、火葬後にお墓などへ納骨することが主流です。

2015年の統計でも、

火葬率は99,97%、埋葬(土葬)率は0,03%となっており、

この火葬率は、世界でもトップクラスと言われています。

 

*長野のご葬儀「骨葬」についてはこちらで詳しくご案内しています。

*納骨についてはこちらで詳しくご案内しています。

 

 

 

海外のご葬儀

 

海外のご葬儀、埋葬方法は、その国の宗教や、慣習、思想、法律などによって変わります。

 

【アメリカ】

 

アメリカでは主にキリスト教の思想による方法で行われます。

キリスト教を信仰している割合は7割に達すると言われており、

葬儀場は教会の施設を併設しているところが多くなっています。

土葬がほとんどですが、火葬も行われています。

ただ、日本より火力の高い火葬炉で火葬するため、

お骨の形はほとんど残らず遺灰になるようです。

 

 

 

【中国】

 

静かに厳かに別れを告げるイメージのあるご葬儀ですが、

中国では派手に行います。

爆竹やドラを鳴らす、紙幣に見立てた紙を燃やす、

泣き叫ぶなどをして見送ります。

ご葬儀を盛大に行い、悲しい感情を素直に表現して見送ることで、

祖先を大切にするという儒教の教えを守っているそうです。

埋葬方法としては、土葬・火葬共に行われていますが、

土葬を禁止しているところもあります。

 

【インド】

 

インドではヒンズー教を信仰している割合が8割近くを占めているので、

葬儀・埋葬方法はヒンズー教の教えにもとづいて行われます。

 

火葬後のご遺骨は、ガンジス川に流して清めます。

ガンジス川は聖なる川として特別な存在であり、

その川に入れば罪や穢れが流されると信じられているからです。

そのため、お墓もありませんが、

それはヒンズー教に限ってことですので、

他の教徒の場合は、お墓を持っていることもあります。

 

 

 

 

**********

24時間・365日。

いつでもどのようなことでも

お気兼ねなくご相談ください。

 

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。

*お墓に刻む文字についてはこちらから

*新生活運動(生活改善)についてはこちらから

*副葬品についてはこちらから

*お焚き上げについてはこちらから

*献体についてはこちらから

 

 

 

            

“海外のご葬儀” への1件のコメント

  1. Артур より:

    Вы помогаете индивидам понять весь мир глубже

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ