門徒物知らず(もんとものしらず) | 博善グループ
博善グループ

門徒物知らず(もんとものしらず)

 

門徒物知らず(もんとものしらず)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

門徒とは浄土真宗の信者のことをいいますが、

この言葉は、諸説ありますが、

浄土真宗の信者を、仏教の他の宗派の信者が

「仏教の作法を知らない」と批判する際に使う言葉とされています。

 

では本当に、浄土真宗の信者は「物知らず」なのでしょうか。

 

 

物ではなく「物忌み」を知らない

 

この言葉は元々、「門徒 “物忌み” 知らず」と言われていたものが、

略されて「“物”知らず」になったといわれています。

 

「物忌み(ものいみ)」とは、

ある期間中、ある種の日常的な行為をひかえ、穢れを避けることですが、

これは、浄土真宗の教えから捉えると、迷信・俗信です。

 

「物忌み知らず」とは、迷信・俗信にとらわれない浄土真宗の考え方を示した言葉になるのです。

 

浄土真宗の教え

 

浄土真宗の教えは、

日にちの吉凶、占いや厄除けなどといった迷信・俗信にとらわれたり、惑わされたりせず、

「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と唱えれば、

必ず阿弥陀如来(あみだにょらい)が極楽浄土に連れて行ってくれる、

「悩み苦しむ者を救いたい」と願う阿弥陀如来のお力によって救われるという考えです。

 

*「阿弥陀如来」についてはこちらで詳しくご案内しています。

 

 

追善供養をしない

 

お盆やご法事の際に、

仏教の他の宗派では、御霊供膳(おれいぐぜん)のお供えをして、

故人様のご供養をします。

この追善供養(ついぜんくよう)は、故人様のご供養のためにお教を読みますが、

浄土真宗では、人は亡くなれば、皆平等に、阿弥陀如来が極楽浄土へ連れて行ってくださるので、

亡くなった方のために供養をする、という概念はないのです。

浄土真宗にとって、お盆やご法事は、

亡くなられた方のご縁によって集まった人が、

改めて、仏様のありがたさを感じ、

亡くなられた方とお心を合わせ、そして自分の心や命を振り返り、

生きている自分自身のためにお教を読むのです。

 

 

物忌み、迷信・俗信、占い・厄除けなどを気にせずに日常を送る様子が、

他宗派の方から見ると、

何もしていない(先祖を供養していない)ように見えて、

「仏教の作法を知らない」=「門徒物知らず」といった、

揶揄をする言葉が生まれたのかもしれません。

 

しかし、浄土真宗では、ご先祖様は、供養しなくてもすでに仏様になられているので、

物忌み、迷信などにとらわれず、

「南無阿弥陀仏」を唱えることで、阿弥陀如来に身をゆだね、

救われることを願うというその教えを守っているのであり、

「物を知らない」のではないのです。

 

友引にご葬儀が避けられるのは

 

迷信とされるものの1つに、暦の吉凶があります。

友引の日にご葬儀をされると、友を引く=縁のある方に死を招く、として、

多くの場合に、友引の日を避けてご葬儀がされています。

 

これは、死=不浄、けがれたものという物忌みの考え方に起因していますが、

もともと「友引」、また「大安」「仏滅」などの六曜は、

仏教とは何らかかわりのないものです。

 

 

 

**********

365日24時間。

いつでもどのようなことでも

お気兼ねなくご相談ください。

 

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。

*枕団子についてはこちらから

*新盆の営み方はこちらから

*喪中時のお中元についてはこちらから

*仏教が語源のことばはこちらから

 

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ