お仏壇の上の「雲」の意味
博善グループ

お仏壇の上の「雲」の意味

 

お仏壇の上に「雲」と書いた半紙を貼っているのを

見たことはありませんか?

これにはどういう意味があるのでしょうか。

 

 

「これより上はありません」

 

お仏壇の上に書く「雲」には、

「仏様より上はありません」という敬意を表し、

これを「雲切(くもきり)」と言います。

個人宅でも、集合住宅でも、

お仏壇の置いてあるお部屋の上の階を人が通ったり、住んでいる場合、

仏様の上に人が立つことは失礼にあたるということで、

雲切をするのです。

 

「雲」の他にも、「空」「天」「上」なども使われます。

 

 

雲字の用意の仕方

 

雲切には半紙や和紙に「雲」と書かれたものや、

木の板を使用して、「雲」という文字を切り抜いた「雲字」を使用します。

雲字は、ご自身で書いたり、プリントしてご用意するほか、

ネット通販などで購入することもできます。

 

 

**********

365日24時間。

いつでもどのようなことでも

お気兼ねなくご相談ください。

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。

*「一休さんのはなおか 長野店」様のご紹介はこちらから

*お仏壇・仏具・お位牌についてはこちらから

*お仏壇のお参りのしかたはこちらから

*新盆の営み方はこちらから

*喪中時のお中元についてはこちらから

*お仏壇にお供えしてはいけないものはこちらから

 

 

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ