喪中時のお中元
博善グループ

喪中時のお中元

 

 

お中元は、半年間の感謝を込め、また残り半年の健康を祈り、

お世話になった方へ贈り物をする習慣です。

 

 

喪中の時は-

 

お中元は、その意味合いから、

贈る側、贈られる側が喪中でも贈って良いとされています。

 

ただ、喪中の相手に贈る場合は、

四十九日を過ぎてから贈るのがよいでしょう。

 

また、お中元には、通常は紅白の水引を使用しますが、こちらは喪中には適しません。

白い無地の奉書紙や短冊を使用し、表書きに「御中元」と記します。

 

自分自身が喪中の場合も、お中元を贈ることができますが、

相手に、かえって気を遣わせてしまう場合もあるかもしれません。

そういった際は、「残暑お見舞い」「残暑お伺い」などとして、

贈る時期を遅らせるのもよいでしょう。

 

 

 

訃報が届いていなかった場合

 

相手が、故人の訃報を知らずに、お中元を贈ってこられることも考えられます。

そのような場合は、お礼状を添えて、お品物をお返しすると丁寧です。

お礼状にて、故人が亡くなったことと、訃報が届かなかったことへのお詫びを伝えましょう。

 

 

**********

365日24時間。

いつでもどのようなことでも

お気兼ねなくご相談ください。

 

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

 

*8月27日(土) 開催 人形供養&終活フェアはこちらから

*新盆の営み方はこちらから

*お仏壇にお供えしてはいけないものはこちらから

*お仏壇の上の「雲」の意味はこちらから

*門徒物知らずとは?…こちらから

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ