新盆の営み方
博善グループ

新盆の営み方

 

新盆とは、一般的に四十九日忌が過ぎてから

初めて迎えるお盆(8/13~8/16)のことを言います。

新盆法要を行う際は、お盆より前に行うことが多くなっています。

 

7月中旬頃から、盆棚を用意し、お位牌(浄土真宗の場合は過去帳)を

お仏壇からお出しし、お写真を飾り、お参りの準備を整えます。

盆棚の飾りつけ例です

 

ご香典をお持ちいただいた方へのご返礼品も、

合わせてご用意しておくことをお勧めしております。

博善社でも、ご返礼品をご用意しております。また盆提灯もお手配が可能です。

 

*盆提灯についてはこちらでもご案内しています。

 

返礼品カタログ

 

提灯カタログ

 

新盆法要、もしくはお盆に合わせて、生花や果物・菓子などをお供えします。

法要の後には、お斎を行います。

 

*お斎ができないときは…

 お持ち帰り専用お料理をこちらでご案内しています。

 

新盆法要をお盆よりも前に行われた場合でも、

盆棚は送り盆(16日)までお出ししておきます。

 

ご供物のご注文も承ります

 

**********

新盆のご相談や、ご返礼品、盆提灯のご注文は

お電話でも承っております。

お気兼ねなくお問合せくださいませ。

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

 

*お問合せはこちらからも承ります。

*8月27日(土) 開催 人形供養&終活フェアはこちらから

*お仏壇にお供えしてはいけないものはこちらから

*喪中時のお中元についてはこちらから

*「一休さんのはなおか 長野店」様のご紹介はこちらから

*お位牌、仏具・お仏壇についてはこちらから

*お仏壇のお参りの仕方はこちらから

*お仏壇の上の「雲」の意味はこちらから

*お焼香のお作法はこちらから

*ご本尊と脇侍についてはこちらから

*香典袋の準備の仕方はこちらから

*水引の色と結び方はこちらから

*喪服の色とマナーについて…前編色の歴史・後編「着用マナー

*門徒物知らずとは?…こちらから

*神道・キリスト教の法事についてはこちらから

 

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ