お仏壇にお供えしてはいけないもの
博善グループ

お仏壇にお供えしてはいけないもの

 

お盆も近づいてきました。

本日は、仏教の考えから、

お仏壇にお供えしてはいけない物をご案内します。

 

*新盆の営み方は?…こちらで詳しくご案内しています。

 

 

◆五辛(ごしん)

 

お仏壇にお供えしてはいけないものとして、五辛(ごしん)があります。

五辛とは、文字の通り、5つの辛いもので、

仏教では「にら」「にんにく」「ねぎ」「らっきょう」「のびる」を指し、

道教では「にら」「にんにく」「らっきょう」「あぶらな」「こすい(パクチー)」を指します。

これらは情欲や怒りを増幅させるものとされ、

禁忌の野菜と言われ、別名「五葷(ごくん)」とも呼ばれます。

 

◆肉・魚

 

肉も魚も命を宿すものです。

仏教の教えでは「無益な殺生をしてはいけない」とされていますので、

肉や魚をお供えすることは、この教えに背くとされるのです。

 

◆トゲのある植物

 

トゲは、地獄にあると言われている「針山」を連想させるため、

また、トゲで怪我をしてしまった場合、

血は不浄とされているので、トゲのある植物をお供えするのはよくないとされています。

 

そのほかにも、亡くなった人の魂が、人の命に絡みつく姿を連想させることから、

蔓状の植物や、

「不幸が根付く」として、鉢植えのお花もお供えしてはいけないとされています。

 

また地域によっては、匂いのきついお花もよくないとする考えもあります。

 

 

◆臭い果物・腐りやすい果物

 

仏様も亡くなった方の魂も喜ばないとされるのが、ドリアンなどの香りの強い果物です。

また、仏様がゆっくり召し上がれないので、腐りやすい果物もよくありません。

 

◆曹洞宗のお盆では桃が禁物

 

曹洞宗では、桃は天界の食べ物とされ、桃をお供えすることで、

亡者(成仏できずに迷っている者)や、

餓鬼(飢えと渇きに苦しむ餓鬼道におちた亡者)が寄ってこないと考えられています。

お盆は亡くなった方の魂が現世に戻ってくる時期です。

そのお盆に桃をお供えしてしまうと、亡くなった方の魂まで退けてしまうため、

戻ってくることができなくなってしまうとされています。

そのため、曹洞宗では、お盆の時期には桃をお供えしてはいけないとされています。

 

 

 

お供えに向いているもの

 

ここまでは、お供えしてはいけないものを見てきましたので、

最後に、お供えに向いているものを紹介します。

 

〇果物

 

日持ちするリンゴやオレンジがお勧めです。

またメロンも、熟す前のものが売られていることが多いので、

こちらもお盆やご法事などの弔事の時によく選ばれています。

 

お供えする時は、高坏や供物台に置くのが一般的です。

直接置くのではなく、半紙を敷いてから置きましょう。

カゴ盛りの場合は、カゴの正面がこちらを向くようにお供えします。

 

〇お菓子

 

おせんべいやおかきなどの焼き菓子は、日持ちがするのでお勧めです。

洋菓子であれば、クッキーなどもよいでしょう。

果物のカゴ盛りと同様、お菓子の正面がこちらを向くようにお供えします。

 

〇アレンジメントフラワー

 

生花店ではお盆や法事の時などの弔事の際に、

それにふさわしいアレンジメントフラワーを作ってもらえます。

こちらは長持ちするような工夫もされていますので、

お供えとしてお勧めです。

 

 

*お仏壇のお参りの仕方についてはこちらで詳しくご案内しています。

 

**********

365日24時間。

いつでもどのようなことでも

お気兼ねなくご相談ください。

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*8月27日(土) 開催 人形供養&終活フェアはこちらから

*お仏壇の上の「雲」の意味はこちらから

*喪中時のお中元についてはこちらから

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ