「旅支度」とは | 博善グループ
博善グループ

「旅支度」とは

 

仏式のご葬儀で「旅支度」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

「旅支度」の意味や、その際に身に着けるもののご案内です。

 

四十九日の旅

 

仏教の教えでは、死後49日間(中陰)は

現世とあの世の間をさまよっていると考えられています。

この間、故人の魂は7日ごとに閻魔様の審査を受け、

最後の7回目が49日目となり、

この時に、魂が極楽浄土へたどり着けるかが決まるとされています。

この来世までの旅を無事に終えることができるように、

残されたご家族で旅支度を整えます。

 

*四十九日忌についてはこちらで詳しくご案内しています。

 

 

何を揃えればいいの?

 

【仏衣(ぶつい)】

故人様にお着せする着物のことで、

白装束(しろしょうぞく)、経帷子(きょうかたびら)とも呼ばれます。

着物は右前で着るのが通常ですが、旅支度の際は、左前に着付けます。

(左前:先に左の身頃、続いて右の身頃を重ねる)

 

【足袋(たび)】

白い足袋を左右逆に履かせて、紐は縦結びにします。

 

【脚絆(きゃはん)】

脚絆をすねに付けます。すねを守り、疲れにくくする役割があります。

紐は縦結びにします。

 

【手甲(てっこう)】

外傷や日射、寒さから手を守る手甲を、手元につけます。

紐は縦結びにします。

 

【頭陀袋(ずだぶくろ)】

頭陀袋は僧侶が修行等に出る時に使うもので、経文やお布施を入れるものです。

旅支度の際には、ここに三途の川の渡し賃である六文銭を入れます。

現代では六文銭を用意することが難しいので、

六文銭を印刷した紙や金額を書いた紙などを入れて、

頭から通して首にかけ、胸元に置きます。

 

【数珠(じゅず)】

数珠は持っているだけで功徳があるとされています。

故人様が愛用されていたものか、旅支度用に用意したものを持たせます。

 

【天冠(てんかん)】

故人の額に付ける三角頭巾です。

「閻魔様に失礼にならないように正装をする」

「冠をつけることで高貴な身分を表す」など、諸説あるようです。

現在では、額につけずに、編み笠と一緒に頭元に添えるのが一般的になっています。

 

【編み笠】

雨や雪、日射から身を守る笠です。

天冠と一緒に、頭元に添えます。

 

【草履(ぞうり)・わらじ】

本来は足に履かせますが、直接履かせることが難しい場合は、足元に添えます。

 

【杖(つえ)】

故人様の利き手に添えます。

愛用していた杖を持たせたいというお考えもありますが、

材質によっては難しい場合もあるので、

旅支度用に用意した木製の杖などを持たせます。

 

 

*これらの旅支度は、全て博善社でもご用意が可能です。

(ご宗派によりご用意するものが変わることもありますので、

お寺様に確認をしましょう。)

 

仏衣の色やスタイル

 

仏衣が白いのには諸説ありますが、

日本では「紅白」のように赤と白との対に意味を見出し、

「赤」は赤ちゃんのように誕生を表し、白は「死や別れ」を表すという考えがあります。

古くは日本では、喪服の色も白とされていました。

他にも、「世俗に染まらず純粋な気持ちで旅をする」という意味とする考えもあります。

 

昔は、故人様と血縁関係のある女性が縫って用意していた仏衣。

現代では出来合いのものを準備されることがほとんどです。

仏衣そのものにも変化が見られ、白い着物だけでなく、

色味のあるものや、デザイン性の高いものもあります。

また、故人様の愛用していた洋服など、お好きなお召し物を着せるケースも増えてきました。

 

着物など、着せることが難しい場合は、上から掛けてあげる場合もあります。

 

 

*“おくりびと” 納棺師についてはこちらで詳しくご案内しています。

 

浄土真宗では旅支度は行わない

 

仏教の中でも、浄土真宗の教えでは、死後、すぐに極楽浄土へ向かうとされ、

来世への旅には出ないので、旅支度は必要ないとされています。

 

 

**********

お別れのお支度に関することはもちろん、

どのようなことでもお気兼ねなく

お問い合わせ・ご相談ください。

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。ZOOMでのご相談も可能です。

*博善社のお見送りはこちらをご覧ください。

*仏式以外のお手伝いについてはこちら

*「りん」のお作法についてはこちら

*納骨についてはこちら

*お彼岸について…

「第1回 お彼岸の由来や意味

「第2回 お彼岸の迎え方、ぼたもち・おはぎの違い

「最終回 お墓のお掃除代行サービス

*お彼岸のお料理はこちら

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ