「りん」のお作法 | 博善グループ
博善グループ

「りん」のお作法

 

仏壇に置かれているおわん型の仏具「りん」。

りん棒でふちを叩いて音を鳴らします。

 

りんの役割

 

りんには3つの役割があります。

①邪念を払う

りんの澄んだ音色は、人の邪気を払い、周囲の空気を清浄にします。

ご葬儀の際に、お寺様がりんを鳴らしながら入堂されるのも、このためです。

 

②極楽浄土に届ける

りんの音色に乗せて、供養や祈り、俗世に生きている人の気持ちを極楽浄土へ届けます。

りんを鳴らすことで、お祈りしていることを故人様にお知らせします。

 

③読経の調子を合わせる

りんの音で読経の音程を合わせ、また木魚とともに調子を合わせたり、

読経の始まりや終わりに区切りとしても鳴らします。

 

 

お参りの時に鳴らす?鳴らさない?

 

仏壇にお参りする際は、お線香をあげ、りんを鳴らして合掌をします。

りんは、りん棒を親指と人差し指でつまむように軽く持ち、

りんのふちを外側、もしくは内側から優しく叩きますが、

鳴らす回数や叩き方は宗派によって異なったり、

読経の時のみに鳴らし、お参りの際には鳴らさないという考えの宗派もあります。

同じ宗派でも、お寺様によって作法が違う場合もありますので、

菩提寺様に聞いてみるのもよろしいかもしれません。

 

*お仏壇のお参りの仕方はこちらで詳しくご案内しています。

 

 

*お位牌、仏具・お仏壇についてはこちらで詳しくご案内しています。

*お仏壇にお祀りするご本尊と脇侍についてはこちらで詳しくご案内しています。

 

**********

 

いつでもどのようなことでも

お気兼ねなくご相談ください。

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。ZOOMでのご相談も可能です。

*お焼香のお作法はこちらから

*おくりびと「納棺師」についてはこちらから

*「旅支度」についてはこちらから

*納骨についてはこちらから

*四十九日忌についてはこちらから

 

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ