宗旨・宗派不問の意味 | 博善グループ
博善グループ

宗旨・宗派不問の意味

 

墓地や納骨堂のご案内などで「宗旨・宗派不問」、

という言葉を目にしたり、耳にしたりすることはありませんか?

 

これは「仏教という1つの宗教の中で、その流派は問わない」ということです。

浄土宗や曹洞宗、真言宗など、どの宗派を信仰していても仏教であれば構わないという意味で、

神道、キリスト教などへ信仰のある方は、受け付けないということになります。

つまり「どの宗教でも構わない」という意味の「宗教自由」という言葉とは違う、

ということがポイントです。

 

*納骨についてはこちらで詳しくご案内しています。

 

 

「宗旨・宗派不問」にある3つの意味

 

「宗旨・宗派不問」という言葉には、大きく分けて3つの意味があります。

 

①過去もこれからも、宗教は一切不問

文字通り、これまで、例えばキリスト教信者であっても、

これから、イスラム教信者になっても、それを問うことはなく、

誰でも墓地・納骨堂を購入することができ、利用することができるという意味で、

宗教・宗派一切不問」と書かれていることも多いかもしれません。

そちらを管理している寺院の檀家になる必要はなく

ご葬儀やご法事の際にも、その寺院に導師をお願いするのか、

違う宗派の寺院等へお願いするのか、それは、喪主様・施主様に任されます。

 

②在来仏教であれば、宗派不問

浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、時宗、

天台宗、真言宗、法曹宗、華厳宗、律宗、融通念仏宗、の13宗派に

属しているのなら問題ないということで、

仏教系でも、新興宗教などは除かれることになります。

 

③過去の宗派は問わないが、これからは管理寺院の宗派に従う

これまでどんな宗教・宗派を信仰していたのかは問われませんが、

該当の墓地・納骨堂を購入した場合は、

それ以降は、そちらを管理している寺院の宗派の信徒となり、

ご葬儀やご法事の際には、その寺院の宗派のお作法に則って行われることが条件となります。

ほかの宗派の僧侶にお勤めをしてもらうことはできず、

改葬(すでに埋葬してあるご遺骨を、別のお墓へ移して供養すること)の際には、

戒名を付け直さなければならない場合もあります。

 

*戒名についてはこちらで詳しくご案内しています。

 

 

墓地や納骨堂は、お墓を守り、供養していくご家族にとっても大切なものです。

購入を検討する際は、菩提寺様や、周囲の方にもご相談することをお勧めします。

 

**********

ご法要や納骨式について、

また墓石等のご相談・お悩み事等、

いつでもどのようなことでも

お気兼ねなくご相談ください。

 

 

株式会社 博善社

住所 長野市東和田245-1

電話 026-259-3333

フリーアクセス 0120-08-3322

 

*お問合せはこちらからも承ります。ZOOMでのご相談も可能です。

*四十九日忌についてはこちらから

*お位牌、仏具・お仏壇についてはこちらから

*仏教と神道の違いについて…

前編・信仰対象や目的」「後編・聖職者や建物、参拝方法

*弔電、お供物のご注文方法はこちらから

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

博善グループ